波動水の大栄産業
トップ 商品のご紹介 救水

| リンク集 | サイトマップ | お問合せ |

 
商品のご紹介
 

救水・ラヴィアン
 >>お料理レシピ
きらきら美人
ムーンアクア
ボーモンクリーム
命ぬ玉
島酒

販売代理店
   
今月のお店
会社紹介
   
お客様の声
   
資料
   
  スタッフ紹介
コラム
青い地球を守る会
   
NEW! 救水沖縄限定ラベル「ラヴィアン」県内リゾート施設にて発売開始!

 
体に“おいしい”水
「二重構造左回転仕掛け壺仕込み」の救水は、母の羊水のように神秘的。 だから体に“おいしい”水なのです。
救水(きゅうすい) 
・1ケース 500ml×24本入
・ 〃  1.5リットル×6本入
救水が体に“おいしい”4つの理由(わけ)
体に必要なミネラル分が豊富にバランス良く含まれています。
→ナトリウム 55.0mg カリウム 2.88mg
→カルシウム10.9mg マグネシウム3.41mg
(※1リットル中)
弱アルカリ性だから健康的!→PH7.2
水の分子が細かいから体に吸収されやすいのです
長期保存ができます
なぜ救水という水を作り出したのか
ある時病院にいったら、あまりにも病気の方々が多いのに驚かされました。この方々を何とか元気にしてあげられたら・・・
病気の原因はストレスによる場合が多いと。
そこで、心身ともに健康にしてあげられたらと思い、エネルギーの高い、いい水「救水」を開発するに至りました。

救水は体内の浄化、精神安定を目的としエネルギーの高い、水分子の細かい飲料水です。体に吸収されやすく、飲むだけではなく、料理、美容と水に関わる様々な用途にご利用いただけます。
二重構造左回転仕掛けとは・・・
大きなエネルギーは、地球の自転(左回転)と潮の満ち干を生む月のエネルギーを取込む・・・
基本特許を取得した「左回転二重構造壺」を開発するきっかけは、自然の営みの中から見つけました。

大きなエネルギーは、地球の自転(左回転)と、潮の満ち干を生む月のエネルギーを取り込むという思いで仕上げました。
潮は四日越しに大・中・小潮と変わっていくので、救水も満潮に向けて左回転を始め四日間かけて作り、四日目の満潮に向けて回転を止めます。なぜかと言うと、人間も(自然の中では)満潮に向けて生まれ、干潮に向けて死んでいくからです。

それは自然の力です。
地球の自転も、潮の満ち干も人間の力で止めることはできません。
このような力を活用し、その力を記憶しているのが救水なのです。
回転中に分子を小さくし、水圧は海底1万メートルの水圧とも言われています。これまでに救水を越える水は聞いたことがありません。
エネルギーがいつか抜けて効果がなくなり、普通の水に戻ってしまう― これが今までの波動水ですが、十年前にボトリングした「救水」、七年前にボトリングした「きらきら美人」のエネルギーは今のところ上がり続けています。

8年物の「きらきら美人」・十年物の「救水」の発売を予定しております。

救水の使い方
赤ちゃんのミルクや離乳食に最適です
水割り・コーヒー・紅茶などはまろやかで味を引き立てます
ふっくらと艶のあるおいしいご飯が炊けます(炊飯時に救水を少量足すだけでOK!)
お味噌汁にもGOOD!お味噌本来の味を引き出します
利尿作用が促進され、体の老廃物が出しやすくなります
  乾燥肌や脂性肌の方、または肌の弱い方は、まんべんなく霧吹きし、その後でハンドクリームや保湿クリームを塗ってみて下さい。
救水の吸収性の良さをきっと体験できるはずです
具体例
■肉を軟らかくする
青パパイヤの表皮と救水をミキサーに入れミキシングした後、ミキサーで作った物に肉を漬け込みます。硬い牛肉でもローストビーフがおいしくなります。ハイケイを漬け込んでから使うと良いでしょう。

■魚の生臭みを取る
救水に5分〜10分浸す

救水を使ったお料理レシピのご紹介です。
ここをクリック
お客様の声
『飲む』
お通じがよくなり、朝のはれぼったさが消え、風邪を引きにくくなった→便秘の方はぜひお試し下さい
救水でコーヒーを沸かしたところ、後味のキレが良くなったし、泡盛の割り水用に使ってみたら、酒本来の旨み(甘味)が増した

『炊き込む』
アイゴ(魚)を塩炊きしたところ、生臭さが消え、旨み臭が増した。古来のような味と匂いになった。

その他多数、利用者から驚くほどの体験談が数多く寄せられています。
詳しくはこちら

お問合せ・お買い求めは各販売代理店までご連絡ください。

当商品をお買い求めいただける販売代理店をご紹介します。

詳しくはこちらをどうぞ


 
 
▲上に戻る 
| リンク集 | サイトマップ | お問合せ |
Copyrignt (C) 2005- Daieisangyo Inc. All Rights Reserved.